takabow2011のブログ

思い出深い芸能界のこと、パソコンやITのことを綴っていきます。

情報の共有化はどこまで人間関係を変えれますか?

堅苦しいテーマだけど、これはいつも思っていること

フェイスブックで今を共有しても、書かれていることは、日常の些細な出来事

今、何を食べている

今、どこそこにいった

など、

書いている私も、そんなことばかりをあげている

つまらない内容しか、あげられないので、自分でも情けない。

というのも、会社の上司がスマートフォンでチャット形式で、同級生40名近くを共有しているそうなのだが、知らない間に、500ぐらいの膨大な情報量になるそうだ。

いちいち、チェックするのも面倒だし、書かてれいる内容もしょ〜もないことばかりだそうだ。

 

すべて否定はしないけれど、Google+をメインで使っていて、同じことを感じてしまう。

 

目的が同じなら、いいけれど、隙間時間、暇つぶしのための、共有となっているから、自分の能力のなさを痛感する。

 かといって、日記のように何かを残したいのも事実だけれど。

日常社会生活では、家庭・家族もいるし、普通の社会人生活をおくりその部分では、普通とは思うが、進歩よりも惰性で生きていることを否定できない。

それはつまらないことかもしれない。

※追記

このブログは、Chromebookでほとんど書いています。

Windowsだと、ネットワーク・サーバーに保存した、過去の資料 写真、音楽とかファイルがあるので、かなり扱える情報も変わってきます。

また、Microsoft Officeのファイルがほとんどだから、互換性の点でも、使い分け、住み分けが知らず知らずの間に出来上がってしまいました。

Googleのサービスに切り替えるのは、どうしてもネットワーク中心(クラウド)となりますので、コントロールできないなど、セキュリティに懸念があり労力を考えると、面倒くさい、利点があまり見いだせないなど理由にあげられます。

そうなってくると、新しい分野のためにGoogleのサービスを割り当てることの方が、効率的だと考えます。

Google+でいいなと思っているのが、キャンプ情報で、知らない器具の紹介が頻繁に更新されるので、当たりかなと思っています。

 

 

Chromebook11

 

dellのChromebook11を使い出して、そろそろ、2ヵ月が経過しようとしている。

f:id:takabow2011:20150429071308j:plain

あまりレビューがないから、自分が書いてもいいかなと

しかし、これといった特徴がないのがChromebook

立ち上げが早いと言われているけれど、Andoroidを使っていると、瞬時に立ち上がるから、これを使って馴染んでくると「当たり前」になってくる。

さほど取り立ててメリットとは思いにくい。

Microsoftのオフィスファイルも、ブラウザ上で操作するけど、かなり省力されれいて簡易版的使い方になる。

f:id:takabow2011:20150429072334p:plain

Googleスプレッドシートにしても、無料という以外 あまりメリットを感じない。

「ChromebookでするならWindowsでするよ!」って感じなる

主な原因は、MicrosoftのオフィスがoneDriveなるクラウドサービスとドッキングしているので、自宅のパソコンでも会社のファイルをいじれることが原因だ。

わざわざ、互換性の部分で問題のあるアプリを使う必要はないということだ。

 

 

それではネットサーフィン専用機としてはどうか?

ということだが、一様、you tubeも見れる

が、動画サイト Gyao に対応していないため、動画を再生することが不可能だ。

Andoroidだと対応アプリがあるため、問題ないことを考えると残念

あとAVI形式のファイル再生ができない もしくは、対応アプリが有料であったりと、Andoroidでは無料で提供されているサービスが利用できない。

AVI形式で外部ストレージに保存しているファイルが再生できないのは、ちょっと不便

ブログの更新とかは、問題はないけれど、画像の編集もちょっと癖と混み入ったことをしようとすると、ちょっと工程が増えるかもと思う。

 

割りきって使うには、今時のパソコンだから、低価格でも性能は十分

しかし、前提はあくまで割り切りが必要であり、なんでもできると思っては困ります。

 

良かった点は、ハングアウト仲間ができたので、気軽にメッセージをいれてくれるのは、いいかなと思います。

気軽の使えるパソコンが本来のChromebookの役割だと思うと、フレンドリーなユーザーとの交流の数が前提条件

その点では、私には少し厳しいかも・・・・・。

携帯でも、スマートフォンでも、情報機器は街なかに氾濫して、実に多くの時間を液晶とニラメッコしている人が8割以上いると思うが、それでは、「本当にコミュニケーションはちゃんと成立できていますか?」と問われると「?」の人がほとんどじゃないかと思う。

やっぱり生身の人間のほうが良いよ。

和歌山県加太に行ってきました。

昨日は、気分転換に和歌山県加太に行ってきました。

痴呆の婆さんを相手にしていると、頭がおかしくなるので、久しぶりに気分転換です。

f:id:takabow2011:20150426161619j:plain

「本体の容量不足!」Androidタブレット 

基本アプリのアップデートが溜まっていたので、久しぶりに更新したが、よくあるメッセージ「本体の容量不足です。」とのメッセージが出てきました。

f:id:takabow2011:20150418084813j:plain

一番の問題は、Google Play開発者サービス

f:id:takabow2011:20150418085237j:plain

これがかなりの容量食いです。

Androidの基本アプリ以外は、SDカードに回避して、なんとか本体の容量を確保したのにに、再インストールしました。

LaVie Tab E TE307は、一番 愛用しいているタブレットなので、なんとか長く使いたいと思っています。

Androidって、思いの外、アップデートが激しくてどんどんハードがおいていかれるの現状で、もしかするとMicrosoftよりランニングコストが悪いのではと感じています。

携帯を含めここ3年の間に3台も買い換えたので、こういったことが慢性化するとちょっと深刻ですわ。

今月のPVが100を突破しました ほんまかいな?

そのほとんどが、自分自身のPVだったりして

まぁ、好き勝手にグラビアばかり載せてると、おYHA と思ったりもするだろうし… ね。

 

(NMB48)山本彩ちゃん

f:id:takabow2011:20150416041126j:plain

この人、実は娘の学校の先輩

同じ学校に、谷村美月さんも先輩だったりする。

谷村さんに関しては、同じ堺市出身で、案外近所だし両親も同じ広島県出身だったりするもので、なんだか、売れていいな と思うより大変だねと思ったりもする。

(勝手なこと言ってるけど)

f:id:takabow2011:20150416042225j:plain

だから、彼女たちが売れても、特にグラビアになっても、神妙な気持ちになります。

銭の連鎖で右肩あがりなんてありえないので、どこで利益確定するかが、人生の妙

ほどほどの、人生がふりかえれば一番の幸福だったりするわけで山本彩ちゃんのおしりを見ながら、私も男性グラビアで勝負できたのではないかと、今更ながら後悔の念をもってしまう。

 

深田恭子ちゃん

 

 

不思議で魅力的な女性 深田恭子さん

彼女も、三十代前半と、いいお年頃

社会人生活では一番充実している年代だと思うけれど、芸能界では、この年代は、アイドルと女優、役者と売りどころが定まらないと、中だるみの期間となることが実は多い。

f:id:takabow2011:20150412122057j:plain

売り出すポイントが、定まらないと、どうしても、浮き沈みの激しい芸能界だと、つぶし合いとなり、忘れられた時の人になりやすい。

f:id:takabow2011:20150203004051j:plain

しかし、深キョンは、魅力的な女性だと私は思う。

役者としても、そこそこだし、決して下手な部類ではない。

容姿も、他の芸能人とくらべ、独特の世界観を持っていると思う。

プロ意識も強いし、何よりチャーミングでキュートだと感じる人であることは間違いない。

 

f:id:takabow2011:20150412122136j:plain

つまり、市場の要求に迎合することなく、深田恭子として、オリジナリティを確立する独自路線で、がんばったほうが、彼女のキャラクターにあっている。

 

f:id:takabow2011:20150412122146j:plain

華のあるときめきを感じる希有な存在なので、時代に翻弄されることなく、いつまでも、深キョンであってほしいと思う。

 

 

 

橋本マナミさん

最近、愛人にしたい女性NO1として、メデイアによく登場している橋本マナミさん

下積み時代から一気に花が開いた感がある。

彼女の一番の目標は見せる体作りに勤しんでいることかな。

f:id:takabow2011:20141020111600j:plain

肌の露出も、そこそこで、壇蜜さんのようにオーバーな露出というより

ある程度の余地はある。

 

f:id:takabow2011:20150411210313j:plain

一か八かの芸能界で、売れるチャンスをものにすることは大切なこと

ただ、あまりにやり過ぎると商品価値をさげ、その後の展開が難しくなる

彼女、インタビューを見ていると、ちょっと?の部分もあるけれど、しっかりまわりが

コントロールしてあげると、そこそこの運勢をつかめるかもしれない。

お笑い番組での出演とか、あくまで「色気」からくる興味本位な売れ方だから、女優として開花してほしい。

賞味期限切れになる前に頑張って欲しい。