takabow2011のブログ

思い出深い芸能界のこと、パソコンやITのことを綴っていきます。

hubsun H502E購入

久しぶりの更新

ここ、数ヶ月前から、ドローンが趣味になりました。

凄く評価の高かった機種 HUBSAN H502Eが激安でアマゾンで売りにだされているので、購入しました。

実際購入してフライトすると、その性能の高さ

高度150はへっちゃら、しかも、トイのクラス200グラム以下の重さだから、むちゃくちゃ軽い。

しかも、バッテリーも飛行時間12分と、それなりに持つ。

アフターパーツも結構豊富で、手軽に手に入れることが可能

hubsanの他の機種のプロポを持っているのが、互換性があるため、バインディングさせることで、飛行が可能

難点は、値段の安さは品質の悪さ

粗悪パーツが混ざってラインで製造されているため、不具合が多い。

特にスラッジモーターは、凄い

飛行回数10回ぐらいで、右前プロペラが回らなくなった。

回転して異音がすると、そろそろ寿命と判断した方がいい。

幸いにして、他のメーカーのドローンのモーターをもっていたので、それで対応することができた。

何十年ぶりか、ハンダこてをつかって基板のハンダ作業をした。

老眼だから、眼鏡をかけてしくじらないよう緊張しながらハンダで電極を接着させる。

 

 

f:id:takabow2011:20171202142341j:plain

お陰で、ドローンの仕組み、構造があたまに入った。

精密機械だから、リード線の取り付け、カメラユニットの取り外しかたなど、力にまかせて作業を行うと切断したり、危険が伴う

YouTubeで動画をあげてくれているので、それも参考にしながらなんとか作業完了

f:id:takabow2011:20171203074201j:plain

しかし、それでも墜落⇒分解⇒修理 原因を追求

原因が分かったら対策をたてることもできるが、わからないことも現実に直面することがある。

分解して、シャフトの周りのかみ合わせ、モーターの回転のチェック

4つある羽の回転にムラがあれば、恐らく電圧が掛かっているため、いずれモーターが焼き切れる可能性が高いの注意

異音がする場合は、全て分解して、目視、音でチェック

なんだか、俺って結構 この分野でいけるんじゃないかなと思ったり

それでも、自信をもってフライトに臨んでも、実際の飛行で墜落してきたことが、1日で2回あった。

f:id:takabow2011:20171203074149j:plain

ただ、結果的に

  1. ロストしなかったこと
  2. 致命的な故障に至らなかったこと

は、奇蹟的なことだろう。

高度60メートルから墜落したのが、偶然 芝生のやわらかい場所だったので、プロペラの破損だけですんだ。

落ちていく瞬間を見ることはなかったが、原因がまだわからない。

分解して、モーターが怪しいと思い、分解して、組立して、プロポとバインディングして動作チェックをしたが、ちゃんとモーターは4つとも回る

もしかしたら、ギアの回転軸、歯車の調整が上手くいかなかったのかもしれないが、これはこれからの課題だ。

 

スペアの羽も商品が届いて現在1週間の期間にすべて破損した。

凄い墜落率だろう。

カメラユニットも分解して、ノイズ対策 アルミホイール、銅シールなど、ノイズの出やすい場所、 バッテリー、機体の上部 下部にショートしないよう絶縁のためのテープを薄く貼り付けて万全なコンディションにした。

 

f:id:takabow2011:20171203120357p:plain

手間の掛かる子は、愛着がわくと言われているが、H502は、値段の安さの割に無理して機能を詰め込みすぎた感がある。

他のメーカーのトイクラスと比べて、1年以上はhubsanはアドバンテージはあっただろう。

日本の法律に抵触する、これより上のクラスのドローンの方が、飛行は安定しているし、プロポのインターフェイスもしっかりしている。

値段もそれなりにするが、カメラの精度、機体の安定度、フライトの確かさは、しっかりしている。

上のクラス501シリーズでこんな、墜落なんて経験したことがない。

動力性能では、スラッジレスモーターを使っているから、フライトの音は静かだし、メンテランスの心配もあまりしなくていい。

羽の取り付けも、ネジで留めるなんてことをしなくても、ワンタッチでいける。

特に写真、動画の精度は素晴らしく、1080Pで十分満足できる。

f:id:takabow2011:20171203120436p:plain

hubsan 502Eは、値段は アマゾンで7200円(税込み)

消費税を外すと6000円台という恐るべき安さだ。(発売当初は、2万台後半になっていた)

アフターパーツ、ベアリング交換、モーターの交換、などの費用を考えても1万も届かないだろう。

しかし、メンテランスできる時間と手先の器用さ、情熱が前提とされる。

ここまで、書いてきてふと、気がつくことがある。

メーカーの開発者は、説明書にH502の分解図が書かれている。

品質管理できていない中国の劣悪なメーカーの部品を使うのだから、不具合がでるのは、予想できただろう

また、こうした不具合がありながら、高度な飛行ができる機体に出来上がったこともわかっていただろう。

自動車でいえば、事故率の高いスポーツカーみたいなもので、保険率が高くなるのと同じで、ユーザーの修理の具合も頭によぎったはずだ。

でも、エンジニア的に言えば、(私はエンジニアではないけれど)そのことでえる「飛ぶ」という危険な行為に対して何を意味するかを、現実に体験できるのは、凄い。

心理的な不安な要素は、人間もあるけれど、機械だって すでに持ち合わせている

危ない飛行から、こうして機体が私の手元に帰ってきてくれてる奇蹟ではない。

フライトの危険をさせないためにも、HTR、自動帰還機能などついているが、それでも事故は起きる。

 

空をとぶ、行為は非日常的なものだ。

飛んでいるものは、必ず、落ちてくる。落ちるものだ。

必然の中で、違った世界 空の上から見える違う世界があることに、喜びを感じることができて 個人的にはハッピーだ。

 

フィエスブックって危ないよな

この前、カメ子(通称 京都府のおんな)とカラオケ行っていたが、いきなりスマホフェイスブックのアプリで、私の名前を検索

勝手に、ケラケラ笑い出した

なんと!消したはずのフェイスブックの記事が残っていたのだ!

私のフェイスブック歴は結構 古く、当時は外人ばかりで、日本人はあまりいなかった時代だ。

友達は、フィリピンに居住している人と、もう一人は原発反対で知り合った既婚女性の2人しかいない。

しかし、その後に利用した人が多いのか、電話帳から勝手に引っ張ってきたであろう友達検索で、見たくもない人たちが候補者であがっている

それも、かなり正確

以前 私が使っていたスマホフェイスブックのアプリを入れていたことからだろう。

スマホの電話帳にのっている人たちの名前が勝手にでてくるのだ。

ラインでも、嫌な思いをしたが、ふざけている。

そういったこともあり、このフェイスブックを脱会したのだが、再ログイン つまり 一度見てしまうと、記事が消えずに残る設定のため、再びもとの状態に戻ってしまう。

カメ子はこの復活した私のフェイスブックの探してきたのだ。

人のプライバシーを見られるのは、嫌なもんだ。

プライバシーの設定もよく理解しておかないと、怪しい結果になる。

まだ、グーグル+のほうが、使いやすい

なんでもかんでも、横で連結しだしたソーシャルネットワークサービス

便利だと思って、同一アカウントでパスワードを入れていると、2次被害が起きるのは間違いない。

監視社会っていやだな。

良き人生

マッチョな人間関係は経済活動には必要だけど、あんまり自分には合っていない。

GW中、仕事の関係で、26歳の子とドライブに偶然行ってしまった。

色々な話ができて盛り上がりよかった。

出会いのない人生より、楽しい人生のほうがいいよ。

人の出会いも失敗はつきものだけど、いい特別の人との出会いがあってもいいはず。

大人への旅立ちだ。

久方ぶりの更新

最近はほとんど、ブログを更新していない。

アクセス数を数えてもたいしたことないし、やる気もない。


イーグルス ホテルカリフォルニア(BR)Eagles Hotel California

いい思いは、イーグルスの演奏が見れること

ツタヤでレンタルCDも借りてきて、iTunesにいれて聴いています。

それだけで、満足

 

誕生日プレゼント

会社の、同僚の女性が、7月末に誕生日だったそうで、プレゼントをおねだりされた。

べっぴんさんだしスタイルも性格もいいので、日ごろから、普通につきあっていた。

 

それじゃあ、食事でもいくかと約束したが、社内の視線もあり、個人的に仲良くしていると、色々な噂が飛び交うのも、嫌なのでお互いが注意しないといけない。

 

普通の会社なら、個人間の仲だから干渉しないのが大人のルールだけど、女性のお母さんも、おじさんも営業所は違えど、同じグループ会社に在籍だから迷惑をかけてはいけない。

食事するにも、会社近くだと、あらぬところに視線があるわけで、私も通常は電車バス通勤だけど、車じゃないと離れた場所に行くことはできない。

こんなことをしていると、約束も守れないので、プレゼントということで、ケーキ屋さんで、ケーキを購入、見えないところで、プレゼントした。

しかし、心の通える人 特に気に入った男女間だと、やりとり、配慮、心のキャッチボールは面白い。

 

この世の中は、男女しかいない

頭の構造が違うから、同じものでも、見え方 解釈が少し違う。

人生も後 何年生きられるかわからない

幸せは、大きいほうがいい。

相手が幸せになるとことは、自分も幸せになる。

人とつきあうことにより、知らなかった自分、相手が見えてくる

同じ時を生きるということは、無駄な時間など存在しない。

また、楽しもう 人生を

派遣の親玉みたいな仕事

ゴールデンウィークは、ただ やすみがながいだけで結構ストレスがたまる。

たまには、家にいるのだから、家族サービスをかねて、色々と車で近場につれていったりもする。

年寄りのばあさんは、軽度の痴呆のため、記憶が断片でしかなく、前後関係、空間把握能力が著しく欠けている。

そんな、病人を相手にするのだから、疲れるよ。

車内で、闇雲にナイロン袋をみつけて、その中に食べ物、衣類、ジュースの瓶などを勝手に整理と称して片付けをはじめる。

車内の備品まで勝手に片付ける。

たとえば、娘が使う初心者マークのマグネット付きのものまで、一緒に袋にいれる。

何度いっても、わからないので、最後はあきらめるしかない。

 

人間の感情っていい加減なもので、認識能力と感情は別個のものであることが、このひとを見ていると凄く納得させられる。

 

人間は感情に生きる生き物だが、現実を理解できないことほど悲しいものはない。

こうなったのも、某宗教S学会が原因だと思っている。

彼らのやることは、人間の善悪、観念論のごり押しで、考える能力を奪い兵隊として育てることだから。

頼みの宗教にも見事に裏切られ、最後は、人間の形をした骸を相手にしないといけないとは、考えものだ。

 

将来の目標は、この某宗教S学会の決別と、正しい分析をもとにした、新しい一歩を踏み出すことになる。

私の仕事は請負契約を取ってきて、人を使って仕事を請け負う仕事です。

派遣業に属するけれど、低賃金だからなかなかまとまった人が集まらない。

労働の質も問題だし、相思相愛の人なんてなかなかいない。

難しい

でも、人生なんてこんなもの。

明日からまた仕事

矛盾の中で仕事を続けていくしかない。

なんとかなるさ、人生は

 

 

こうクラウドサービスが多いと

ここ、1年間で急にパソコンの起動が遅くなってきた。

主な原因は、クラウド

OneDrive、realplayerクラウドATOK Sync  自宅のネットワークサーバー、その他ネットワークプリンター2台

なんだか、こういうはずじゃなかったのに、かなり重い。

画像、音楽ファイルもネットワークサーバーの中だからね。

しっかり、起動して、読み込みが完了すると、安定して動くけれど、なんだか類似のサービスが多くて、少々 うんざりです。

 

便利いいのは確かだけれど、体は一つだから。