読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takabow2011のブログ

思い出深い芸能界のこと、パソコンやITのことを綴っていきます。

恐怖の大王K 登場

見出しは、凄いけど、

確かに、アホの大王だ。

 

年齢47歳 

独身男性

親の家、年金で生活しているどうしようもないクズだ。

彼の特徴は、税理事務所に勤務しながら、厚生年金さへもかけてもらっていない。

つまり、国民年金だけしかかけていない

 

厚生年金をかける義務があったにもかかわらず、しかも、税理事務所だから、そういったことも業務の一つの中に入っていたただろうけど、

暗黙の了解でかけなくても黙認していた。

 

彼に言わせると、「僕は国民年金をしっかりかけている」

と会社にくびになりながらも平然と語るなど、周囲もビビるアホっぷりだ。

「あんた、国民年金で飯食えるのと思っているのか?」

何度、口の先から出かかったことか。

高齢無職者、高齢独身者、高齢無年金者、高齢親のすねかじり

言葉がない

こんなアホを面倒を見たのが、高額年金受給者のOだ。

Oは、つまみ食いの名人で、最後まで面倒をみないので事務所では有名な人間だ。

そんな、Oも人間性があったのだろう。

このKには、人間的責任を感じたのだろう。

なんと、一様は さっさと捨てずに、それなりに面倒を見ている。

 

無職の女性はダラシナイで済むが、こういった男性は悲惨の一言しか思い出さない。

長い間、何を考えて生きてきたのだろうか。

責任が取れないなら、最初から面倒見るなと、Oに言いたい。